HOME > ひこうき雲について

ひこうき雲とは

ひこうき雲』の代表、古賀恵美子は元・日本航空CAとして34年の乗務歴をもち、人事採用担当として人材教育や採用試験に携わってきました。「はたらくこと」への支援をしたいとの想いから、日本航空を退社し「株式会社ひこうき雲」を起業。

航空業界や難関企業向けの就職支援講座では、毎年多くの合格者を輩出しています。また、CA経験から培われた一流の接遇術は数々の企業・病院や学校の研修に採用されています。

長年の部下指導や管理のノウハウを基にオーダーメイドで行う研修は「社員が元気になって伸びていく」と評判。近年は、学生への就職支援に力を入れており、大学キャリアセンター主催の講演、大学内就職セミナーなどで活躍。採用側からの目線でポイントをおさえた指導と、あたたかく学生を見守り伸ばすアドバイスが好評を得ています。

講師紹介

代表 古賀恵美子

キャリアデザインプロデューサー

元JAL客室乗務員兼CA採用担当マネージャー
日本語検定委員会 公認講師

元JALの国内線・国際線客室乗務員として34年の乗務歴をもち2006年に退職。
在職中はマネージャーとしてキャビンの責任者を務め多くのCAの教育・指導・育成にあたってきた。また、採用担当マネージャーとして数多くの採用試験・面接等の経験があり、CAを希望する学生たちの支援のため、「株式会社ひこうき雲」を設立。講師としてキャリア支援・人材育成全般について講演活動・企業研修を行っている。

臨時講師 井崎君郎

元JAL機長

・1971年 2月  日本国内航空入社
・1971年10月  YS-11副操縦士
・1974年12月  DC-9 副操縦士
・1981年 4月  YS-11 機長
・1984年 2月  YS-11 路線教官
・1986年 4月  DC-9 機長
・1988年 2月  DC-9専任教官

*1988年5月3000時間機長無事故表彰
*1990年5月 5000時間機長無事故表彰

・1996年3月 MD-90機長、専任教官兼務(MD-90導入要員)

以降、教官訓練に従事
*2003年9月 国土交通大臣表彰
*2005年1月 MD-90初特別機機長(=天皇皇后陛下お召機機長)

・2005年7月 10,000時間機長無事故表彰
・2010年3月 日本航空退社

■講師からのメッセージ

私は、37年間のパイロット経験で、27年間機長として飛行機の責任者としての役目を無事故で勤めてきました。
パイロットの技術を指導育成する教育の仕事に面白みとやりがいをもち、機長になってからは約25年の教官としての仕事に拘り携わってきました。
海外での訓練教育の経験は国による指導法の違い等々から、いかにしたら「人はのびていくのか」を学び、教育の難しさを共に楽しんだり、喜んだりと色々と学ぶものがありました。
退職後も自分が関わってきた航空業界への恩返しとして、経験を生かせる場として古賀ゼミに関わっています。
古賀ゼミでは主に、航空業界、航空機、パイロット、キャビンアテンダントとのコーディネーション等に関すること、またニュース等の時事問題を、皆さんに楽しく学んでいただきたいと思います。
「たくさん覚えなければ…」と考えすぎず、「色々な知識が増えて楽しい」と思いながら、一歩ずつ前進していきましょう。お待ちしています。

臨時講師 森田 寛(もりた ひろし)

元日本航空パイロット
(1971年東亜国内航空入社~日本エアシステム~日本航空~JALエクスプレス出向~日本航空復帰・・・・2010年3月日本航空退職)

現スカイマークパイロット養成シミュレーター教官

YS-11、DC-9、MD81、MD90、A300-600、B777、の機長として活躍
日本航空運航本部にて乗員部長、運航企画部長、広報担当等重役職経験
航空機操縦士として、機長1万時間無事故表彰・ 国土交通省大臣表彰・黄綬褒章受章
フライト時間約2万時間

臨時講師 相原 直美(あいはら なおみ)

・元日本航空 国内線、国際線客室乗務員として乗務歴18年

グループのリーダーとして、後輩の指導育成、グループ運営のマネージメントの役割を果たす。
乗務する傍ら、機内サービス企画部兼務にてJAL/JAS統合における整合性をはかるべくサービスマニアルの作成、機内サービスの見直しに携わり、国内線新サービス「クラスJシート」の立ち上げメンバーとして活躍。
VIPフライト(皇太子殿下・雅子妃殿下VIPフライト、総理大臣・トルコ大統領VIPフライト乗務)担当乗務経験あり。
2010年5月 日本航空を退職

・過去の職務経験

山一証券にて営業
海洋気象台臨時職員を経て、客室乗務員に転職

・日本航空退職後~現在

介護人材会社の人事採用担当業務
大学のキャリアセンターにて学生の就職・進路指導にあたる

■講師からのメッセージ

航空業界やサービス業を目指している皆さん、「古賀ゼミ」の一番の特徴は、「講師のほとんど全員が元航空会社の職員」ということです。
長年の航空業界での経験を直接聞くことができ、講座は、無駄がなくポイントを押さえた内容になっています。
また、さまざまなキャリアを持った講師陣が対応しますので、航空業界に限らず、どのような業界を希望していても、大丈夫です。
私は短大卒業後、一度は証券会社に就職しましたが、夢を諦めきれず、中途採用で客室乗務員になりました。
航空会社在職中も、機内サービスの企画や、サービスマニュアルの改訂等にも関わりました。
航空会社退職後は、介護会社の人事部採用担当、現在は某大学で就職支援の仕事をしています。
また、キャリアカウンセラーの資格も持っていますので、どのような相談でも、対応します。
皆さんの夢の実現のお手伝いをしたいと思っていますので、一緒に頑張りましょう。

臨時講師 布施 由樹(ふせ ゆき)

・過去の職務経験

1987年 日本航空(旧・日本エアシステム)入社 国内線乗務開始
1988年~国際線開発要員に抜擢され国際線に移行/チーフパーサーとして乗務実施/客室乗務員 訓練教官として新人養成に携わる
*ソムリエ資格取得
2002年 退社

・日本航空退職後~現在

2005年 A F P(アフェリエイティドファイナンシャル・プランナー)資格取得
2006年 C F P(サーティファイドファイナンシャル・プランナー)資格取得
2007年 金融知力インストラクター資格取得
2007年 証券外務員二種 資格取得
2007年~横浜を中心として活動するファイナンシャル・プランナーグループに所属し、教育資金セミナーや子供の金銭教育セミナー等を実施する。
また、2004年から現在まで、販売業・金融機関などの接客応対向上の調査・アドバイスを行っている。

■講師からのメッセージ

「自分はどこまで通用するのだろう?」
「何を見られるの?」
「そもそも私のレベルってどれくらい?」
これは昔、私が就職活動をしている時に感じた不安です。30年近く経った今も昔も、就活生の気持ちにあまり変わりありませんね。
この漠然とした不安をどうすればいいのでしょう?
それには、自分と相手(会社)と社会を知ってアプローチをすること…とシンプルなのですが、これが結構むずかしいのですよね。
「新聞を読みなさい」と言われてもどこにポイントを絞るのか、企業研究はどこまで何を知る必要があるのか、自己分析とは具体的に何をすればいいのか…。
こんな疑問を一つずつ解きほぐして理解し、組み立て直して表現する・・・そんなステップを経て積み上げた『私を語る力』はだんだんと自信に変わってきます。
面接で「最近の気になるニュースは?」に自分のことばで応えることが出来るように、それを熱い気持ちに乗せて思い切りアプローチができるよう頑張ってみませんか?
私たちが全力で応援します!

また、私はファイナンシャルプランナーの資格をもち、銀行の応対レベル審査などにも携わることがあり、金融業界等に関わる知識なども経済の動きが航空業界にはどのような影響があるのか等をわかり易く説明をすることで、自分も一番苦手だったことをわかり易くお伝えすることにも、お役立てしたいと思っています。

臨時講師 高見澤千景(たかみざわ ちかげ)

JALの国内線、国際線の客室乗務員として25年、乗務。
在職中はチーフパーサー、インストラクターとして、皇太子ご夫妻を始めとして、皇室のVIPフライトも担当する。
キャビンの責任者を務め、多くのCAの教育、養成にあたる。
JAL退職後はコーチング・心理学を学び、エグゼクティブ、インストラクターの資格を取得。

■講師からのメッセージ

CAの仕事を通して、お客様、先輩方、同期、後輩達、他セクションの方々、色んな人との出会い、素晴らしい経験をさせて頂きました。
機内、国内、海外ステイ先等、あらゆる体験は、楽しく、時には苦しい時もございましたが、それも良き思い出、今は私の人生の糧になっております。
就職活動にあたっての自己分析、自己理解してスピーチ、プレゼンテーションは、とても大切です。
現在も理論、技法を学んでおりそれを伝授し、良きお手伝いに活かせることに努めたいと思っており、それを古賀ゼミで活かしていけることを、嬉しく思っています。

「夢を持つこと、目標に向かって努力すること」は、素晴らしいことです。
途中、心が折れそうになったり、挫折したりする事もあるかもしれませんが、前向きな気持ちを大事にする性格は、あなたを元気づけてくれます!!
一緒に頑張りましょう。