HOME > よくあるご質問
Q1.授業料の分割払いは可能ですか?
A1.はい。2~6回払いの分割まで、お利息なしで受け付けしております。それより多い回数でのお支払いを希望される場合は、別途対応とさせていただく場合もございますので、ご相談ください。
Q2.授業の振替えはできますか?
A2.同じ週の火曜と木曜は基本的に同一内容の授業を行いますので、振替えは可能です。但し、定員が一杯で席が確保できない時は、ご希望に添えないこともございますので、ご了承ください。
Q3.エアライン受験にはどのくらいの英語力が必要ですか?また、英語力を上げる授業はありますか?
A3.国内エアラインではTOEIC600点が基準のラインとなっているようです。外資系エアラインではTOEICの点数よりも実際の会話力が重視されるようです。古賀ゼミでは英語専門の授業は行っておりませんが、希望者には提携している英語講師をご紹介させていただきます。
Q4.現在大学2年生ですが、古賀ゼミに入講することはできますか?
A4.はい、入講できます。過去には高校生の時から通っていた受講生の方もいらっしゃいました。就活を直近に控えていない方には、1st.ステージ、2nd.ステージの受講をお勧めしています。(早期準備特別価格設定有り)
Q5.身長が高くないのですが、エアラインの身長制限はどれくらい厳密なものですか?
A5.募集要項に明記されていない場合が多いのですが、国内大手2社では158cmがボーダーラインのようです。小型機の多い国内エアラインではそれよりも若干低い身長の方も合格している例があるようです。また、アームリーチも重視されていて、外資系エアラインでは募集要項に基準を定めているところもあります。これは緊急脱出時にドアを安全に開けられるかどうか…。という観点によるものですので、国内外を問わず安全面から会社としてはシビアに考えている部分といえます。
Q6.エアラインを受験するかどうか決めかねているのですが、古賀ゼミで学ぶことは有効でしょうか?
A6.一部エアラインに特化した授業はありますが、基本的に古賀ゼミでは、エアライン以外の企業を受験するのに必要なことも学んでいただいています。特に面接に於いては、エアラインでは印象の良さやコミュニケーション力を高いレベルで求められています。そこに照準をあわせているため他の企業の対策も充分にする事ができます。
Q7.大学3年生ですが、部活動が忙しく引退までは毎週通うことが難しいのですが、途中入講はできますか?
A7.可能です。途中入講の場合はそれまでに終了している授業のフォローアップとして「ダイジェスト古賀ゼミ」を受講して頂きます。毎週通うのが可能な時期から正式に入講し、それまでは来られる時があればチケットを利用するという方法もあります。詳しくはご相談下さい。
Q8.歯列矯正をしているのですが、面接時不利になりますか?
A8.歯列矯正自体は問題ありませんが、「矯正器具が外れる時期が入社に間に合っていること」が前提となります。その点を質問されることがあるようです。
Q9.SPI対策はどのようにすればよいですか?
A9.SPIの過去の問題集を解き、問題に慣れることをおすすめします。古賀ゼミでも授業の中で出題のパターンなどの解説をすることはありますが、数多くの問題を解くのは自学習となります。
Q10..既卒対策の日程について教えて下さい。
A10.既卒対策は特に日程を定めていません。仕事をしながら勉強する方も多いため、受講生と講師のスケジュールを合わせながら決めていき、個別または2、3名での授業となります。仕事の時間を調整して通常の古賀ゼミのクラス(火または木 18:00~21:00)に通っている方もいらっしゃいます。新卒と既卒の違いなどはその都度お伝えしており、基本的に内容に大きな違いはないので対策として問題ありません。募集の時期などとの兼ね合いもありますので、一度ご相談ください。