HOME > 卒業生の声

卒業生の声

2017年新卒 札幌古賀ゼミA.Kさん(JALスカイ)ANAGSも全社合格
2017年新卒 札幌古賀ゼミA.Kさん JALGS合格(ANAGSほか全社合格)

私は就活を始める前までは航空業界に興味はありましたが、まだ自分がやりたい仕事を明確にはしていませんでした。
そんな時に友達に古賀ゼミを紹介されて、大学3年生の秋に古賀先生と出会いました。

古賀先生のお話を聞いているうちに、JALのGSに絶対になりたいという気持ちが大きくなり、自分の夢が定まったことを今でも覚えています。

札幌古賀ゼミは東京古賀ゼミとは違い、月に1回のペースで進んでいくものなので、なかなか古賀先生とお会いすることはできませんでしたが、こまめに連絡を取らさせていただき、ESの添削や面接での受け答えをご指導いただけました。

また、少人数で行うゼミなので、わからないことはすぐに聞ける環境でもあり、一人一人の良さを古賀先生が引き出してくれて、大勢の中では発言することが苦手な私にぴったりのゼミでした。

そして、古賀先生をはじめとする講師の方々や札幌古賀ゼミの同期の支えがあり、第一希望のJALのGSから内定の連絡をいただいた時には本当に嬉しく、札幌古賀ゼミに入って良かったという気持ちでいっぱいでした。

就活はいろいろ悩みがあったり、辛い時期があるかとは思いますが、自分自身と向き合うことができる時間でもあり、自分らしさを見出すことができると思います。大変な時期かとは思いますが、就活生の皆さん頑張ってください。
私もJALのGSに絶対になりたいと思った時の初心の気持ちを忘れずに、毎日カウンターに立って頑張っていきたいと思います。

I.Mさん J-AIR、AIRDO合格(2017年既卒)
I.Mさん J-AIR、AIRDO合格(2017年既卒)

私は札幌在住で、なかなか良いと思えるエアラインスクールが見つからない中で、
ネットで古賀先生のスクールに巡り会いました。

札幌古賀ゼミ開講は月に一度くらいの頻度でしたが、講座の時だけでなく、エントリーシートの添削はいつでもお願いできますし、面接の前にはスカイプ等で夜中でも対策もしていただくなど、離れていてもすぐ近くにいてくれるかのような対応をしていただけて、とても心強かったです。

また、全くエアラインに関係のない仕事に就いている私でしたが、その内容を理解し私のこれまでの経験をエアラインと結びつけ、根拠ある自己PR等を一緒に考えてくださり、自分への自信を見出してくださいました。

さらに身長に関する疑問や面接の各段階における重要視するポイントなど、採用担当をされていた古賀先生だからこそご存知の情報も教えていただけます。
これは他のエアラインスクールでは得られない情報だと思います。

なにより私が本当にこの会社に就職していいのか、他にも受けるべきなのか悩んでいる際にも、他の講師の方の意見を教えてくれたり、私のためを考えて本当に親身にアドバイスをいただきました。
新卒時には何社うけても結果が出なかったにも関わらず、古賀ゼミと出会って6ヶ月ほどで
2社からの内定をいただけ、自分でも信じられないほど成長できたのは古賀先生のおかげだと思っております。
これから、JALグループJ-AIRのCAとして日本の空を飛び、世界へ羽ばたくJALの一翼を担う一員として貢献することを楽しみにしっかりと気持ちを新たに頑張りたいと思っています。
本当にありがとうございました。

ANA CA合格 F.Mさん
ANA CA合格 F.Mさん

私はずっと、「CAというのは選ばれた人にしかなれないものだ」と思っていました。
古賀ゼミは、私に「自分の経験や思っていることを素直に話し、自然体で選考に臨むことの大切さを 」教えてくださり、自信を持って挑むための後押しをしてくれました。
他企業での悔しい結果が続いて不安になった時は「励ます日」と称して美味しいランチをご一緒してくださり、とても心強かったです。
優しい先生や、先輩方、仲間に支えられ「ANAのCAになる!」 という夢を現実にすることができました。古賀ゼミで学んだことを忘れず、これからも頑張っていきます。ありがとうございました。

第9期生 A.Oさん
日航ヒルトンホテル内定 A.Oさん

私が就職活動を悔いなくやり切れたのは。、間違いなく古賀ゼミのおかげです。

就職活動は正直に言えば、不安、迷い、時には落ち込むこともあり、挫けそうなときもありました。
でも、そのときに古賀ゼミの仲間が頑張っている姿を見て、何度も「ちゃんと最後までやりきろう」と思うことができました。

古賀ゼミの授業は毎回とても面白かったです。ファーストステージでは航空業界の歴史やANAやJALのことを詳しく解説していただきました。
そういった事を自分で調べるのはとても大変ですが、講師の方々は実際に働かれていた「元航空業界」の方々ですから、より詳しく教えていただけました。
また現役で航空業界で働いているOGの先輩がたくさん来てくださり、実際の仕事のことなどいろいろなお話を聞けました。
私にとっては「先輩方のお話が一番の企業研究」でした。
しかもこの時期にこんなに航空業界について勉強している就活生はあまりいないと思うので、少しお得な感じもしていました♡

セカンドステージでは、話し方など少しずつ面接に向けての実戦練習をしていきます。
今まで気がつかなかった話し方の癖などを丁寧に見てもらえますし、意識することで改善され、良くなると褒めていただけるので、次回はもっと良くしたいという意欲が湧きます!!

ファイナルステージでは本格的に面接練習スタートです。
実際の面接を想定して、より実践的になり毎回緊張感がありました。
しかしここでたくさん緊張して、難しい質問をされてしまえば本番は全く怖くありませんでした!!

このように、毎回「新しいことを知りることができ、進歩があったりする」ので、行くたびにモチベーションをキープできました!!

一番よかったと思うのは、背伸びをせず自分らしく就職活動をできたことだと思います。
古賀先生をはじめとする講師の方々は一人ひとりの個性をとても大切にしてくださり、その良さを一生懸命引き出してくださいました。

おかげでありのままの自分をどの会社の面接でも見てもらえたと思っています。
一年前の私は、自分にCAなんて無理だろう、CAは特別な人がなるものだ、なんて考えていました。
そんな私が内定をいただけたのは、「就職活動を頑張りたいという気持ち」と「一歩踏み出す少しの勇気」があったからです。

就職活動では自分を成長させることが本当にできます。今では最後までやり切れた自分が少し誇らしいような気がしています。
ここまでの私を支えてくださった古賀ゼミの講師の方々やOGの先輩方、そして仲間たちに心から感謝しています。

新卒 ANACA 合格者Tさん
新卒 ANACA 合格者Tさん

私は古賀ゼミに入るまでは引っ込み思案で、人前で話すのがとても苦手だったため、こんな私がCAになれるなんて思ってもいませんでした。
ただ、CAになりたいという気持ちは人一倍強かったと思います。
周りの古賀ゼミ生がとても優秀だったため劣等感を感じることが多々あり、「引っ込み思案のわたしには無理」と何度もそう思いました。
でも古賀先生は自然体の自分でもっともっと本来のありのままのぶっちゃけの自分を出して、と言って下さったので私は心の奥底にある自分の積極性をもっともっと出そうと、頑張り続けることができました。

古賀ゼミには、尊敬する憧れの先輩方やいつも支えてくださる講師の方々がたくさんいらっしゃるので、私は一人じゃないだと、いつも心強かったです。

CAは特別な人がなれるというのは違います。
誰でもチャンスはあると私は思います。
自分自身が内定を頂けた時、本当にそう思いました。
面接では、CAは倍率が高いからといって人とは違ったすごく大きなことを言わなければいけないわけではありません。
自分が思ったこと感じたこと経験したこと、それを素直に自分の言葉で伝えるが大切でした。
そのことを教えてくださったのも古賀先生です。

こんな私でも頑張ればCAになれるのだということを、これからも古賀ゼミの後輩たちに伝えていってそしてガンバッテほしいなと思います。
私も、これからは新たな夢に向かってもっともっと頑張っていきたいと思います。
古賀ゼミの繋がりは私にとってこれからもずっとずっと宝物です。☆

ANA合格 O.Kさん
ANA合格 O.Kさん

面接の練習時、CAらしく!と上品に振舞っていましたらズバリ見抜かれ、化けの皮をあっという間に剥がされました。
固定観念がなくなり一気に楽に楽しくなりました。
採用のプロ、CAのプロが私らしさを引き出してくれるというこの古賀ゼミに出会えたことは合格の道への運命でした。
先生と古賀ゼミの仲間を信じて掴んで今ANAでフライトを楽しんでいます

JAL合格 I.Mさん
JAL合格 I.Mさん

私は何のとりえもなく、自己PRが苦手でした。
そんな私に「普通で謙虚で優しいところ、それが貴女のとりえでいいところだよ」とそのままの私を「あり」にしてくれた古賀先生の一言で一気に目の前が開けました。
おかげで第一志望のJALに合格出来ました。
それまで色んなスクールにも通っていたのですが、ここがなかったら今でも自分に自信がもてずにいたかもしれません

第10期古賀ゼミお申し込み
伊藤忠商事内定 I.Rさん

私は4期、5期と古賀ゼミにお世話になりました。充実した約2年間を過ごし、履歴書のゼミ欄には【古賀ゼミナール】と書きたいほどでした(^^)

初めはグランドスタッフを目指し、古賀ゼミに入り航空業界への知識を深めていったものの、自分に向いている仕事と憧れの仕事とのギャップに気づき、苦しい時期もありました。

はじめの頃の模擬面接では、自分の考えを上手く言葉に表現することができず毎週涙目で受け答えしていた気がします。
そんな時、“ありのままの自分でいいから、自信を持って!“といつでも支えてくださった古賀先生、素敵な講師の方々のおかげで私は自分自身でもわかるほどに毎週成長し、自信を持てるようになったと感じています。

そして、迎えた就職試験では、エアラインは一切受けず自分に合っているであろう業界、総合商社と金融業界を中心に受けましたが、無事に複数の内定を頂くことができました。
どの面接でも飾らない自分で、相手にわかりやすく伝え会話をすることを心掛けたからだと思います。
就職活動中つらい時には何度も、互いに刺激しあいながら成長してきた仲間と先生方と過ごした古賀ゼミでの日々を思い出し、自信を持って臨もうと気合いを入れることができました。

古賀先生、私に自信を持たせてくださり本当に感謝しております。
慎重すぎる性格の私にとって、包み込む優しさを持つおおらかな古賀先生は2年間私の大切なお守りのような支えでした。どんなに不安でも落ち込んでいても先生に会えば、相談すればなんとかなる!と良い意味でリラックスして就職活動に挑むことができました。ありがとうございました、そしてこれからも宜しくお願い致します。

新卒 ANACA 内定O.Yさん
新卒 ANACA 内定O.Yさん

エアライン一本で行きます!
そんなリスクのある道を自信をもって堂々と進めたのも、古賀ゼミで出会った皆さんがいつも見守っていて下さったからだと思っております。

古賀ゼミは講師の皆さんが、CA、GS、パイロット、整備士、といった航空会社で長年沢山の経験を積んでこられた方々です。様々な職種の角度から、航空業界や仕事に対する知識を経験談を交えながらレクチャーしてくださいます。このお話を聞いて毎週毎週ページが増えていった「MY航空業界研究ノート」も、試験を間近に控えた頃には大切な御守りになりました。試験を終えた今では、航空会社にお勤めするようになってからもずっと私の道標となる宝物となっています。

試験を通して実感したのは、ただ知識を増やして面接の練習をすれば良いわけではないということです。古賀ゼミでは得た知識に対して自分の意見や見解をどう持ったかという確認の作業とともに、ひとりひとりの性格や個性に沿ったアドバイスを下さいます。いざ面接試験が始まると、いつの間にか、きちんと自分の言葉で話せるようになっていたんだな…と自分でも驚きました。古賀先生が「気が付いた時には、補助輪なしで自転車がこげるようになるのよ」とおっしゃっていたのはこのこのだと本番で実感しました!

また、試験中にずっと励まし合い共に最後まで頑張れる仲間に出会えたこと、それから古賀ゼミの卒業生の先輩方がいつもサポートしてくださったことも最大の魅力です。

航空業界一本で就活に臨み、受験企業全てに合格を頂けたのは、奇跡ではなく古賀ゼミでの歩みがあったからだと思っております。

新卒 JALCA 合格者N.Nさん
新卒 JALCA 合格者N.Nさん

日本航空から内々定の連絡をいただいてからもう2カ月以上経つにも関わらず、まだ喜びに浸っています。
私が古賀ゼミと出会ったのは、就活を控えた大学3年生の8月です。
その頃から少しずつ就活セミナーに参加するようになり、自分は一体将来なにがしたいんだろう?と漠然に考えていました。
昔から客室乗務員という仕事には興味を持っていたので、夏休みの空飛ぶ就活スタートアップセミナーに参加し、アットホームな雰囲気と、何よりも古賀先生と直接お話した時の暖かさに惹かれ入塾を決めました。

10月から通い始め、航空業界,CAの仕事etcを丁寧に教えて頂き、客室乗務員になりたいという気持ちが大きくなり、周りの仲間たちの熱意に日々刺激されていきました。
私は人前で話したり発表したりするのが好きだったので、「面接とか大好き~」と思っていたのですが、大きいことを言うことと目標を語ることは違うということ等々新たな発見を毎回の授業で感じていました。

就活が本格化してすぐに他業界で内々定をいただくことができ、就活は順調に走り出しましたが、4月に入り本命の1つであるANA、そして航空業界の様々な企業にことごとく一次試験で敗退。
CA・航空業界には向いていないのだ。。。とどん底の日々を過ごしました。

しかしそんな時も古賀先生や講師の皆様は私を見捨てることなく、3年振りの新卒採用を再開する日本航空に備えて様々なアドバイスをくださいました。
自分を見つめ直しながら出来る努力を精一杯していく中、JALCAの選考では二次、三次と進むことができました。
最終面接の前日に実施した“最終対策”は気分をリラックスさせるためにお洒落な美術館の中庭でのランチでした。
気負うことなくリラックスして最終面接に臨むことが出来たこのランチ対策は絶対に忘れません。

日本航空から内々定の電話を頂いて一番に古賀先生に連絡したところ、一緒に喜んでくださり、どれだけ先生が一人一人に愛情を持って接してくださっていたかを改めて感じました。
加えて「JALのスチュワーデス」というのは母親の夢でもあったので母娘共々先生に感謝しています。
新生JALのCAとして、また先生の後輩として働けることに大きな喜びと誇りを感じます。
本当にありがとうございました。そしてこれからもどうぞ宜しくお願い致します!!