HOME > 2022年卒航空業界就職希望者のみなさまへ

2022年卒航空業界就職希望者のみなさまへ

JAL・ANA 21年卒採用中断!!とのショッキングなニュースが相次ぎ、モチベーション維持や切り替えは大丈夫でしょうか?

このような中、各社、会社存続をかけて乗り切り策とアフターコロナの航空会社のサービスとは何かを取り組んでいることは理解されていることと思います。

そんな中、エアラインを目指して就活を頑張ってきた私たちはどうなるの?と不安と失望感を抱いてどうしよう?と思っている方も多いでしょう。。。。気持ちはわかります!でも、今大事なことを私なりに思うことをお伝えしたいと思います。

” 何かが起きた時にどのように判断して、どのように切り替え、より正しいと思う対処をすることができるか? ”これはCAに求められる資質です。

世界的に未曾有の事態に航空業界はどのような影響を受け、どのような役割を果たしているのかが実際に目のあたりになりましたね。

★ 外的要因に影響受けやすい → 世の中が平和であってはじめて順調に発展する

★ テロや戦争、伝染病などが萬栄するとまずダメージは国際線を多く飛ばしている会社

★ 不況時でも自国の国内線の基盤を持っているところは回復が早い

その動きは採用にもみられています。

国内線を主としている会社は一部採用再開の動きがあったり、職種によってはリモートによる試験は継続され内々定を出しているところもあります。

また、2021年卒の受験者の中には、『航空系が中断なので自分の動きも中断ではなく、いかに今できることをやるのかとの転換で動いた人』は、英語を生かせる仕事、グローバルな仕事、世の中に貢献できる仕事との観点で、一旦航空は置いておいて視点を変えて継続した人が航空への思いもぶつけて他業種に挑み、内々定をとっている人も多くいます。

航空業界をあきらめたわけではなく、再開した時にはいつでも始められるように、、、、それがもし今年でなかったら、既卒受験をするとの長いスパンでいます。この事態を乗り切った経験は人格的にも大きく評価に値するものと思います。

今できることへ「あきらめない柔軟な判断と行動!」

「ひこうき雲」として今、できること。この難しい環境の中でこれからの道を見つけようとされているみなさんに対するサポートとして、刻々と変化する業界動向や、就活に役立つオンラインセミナーの情報をLINEでタイムリーに情報発信することにしました。個別のご相談も受け付けます。
友だち追加