HOME > CAに求められる人物像とは?

CAに求められる人物像とは?

色んな学生に話を聞くとまだどこを受けるか、エアライン?CA?どうするか迷っていますという方がいますが、迷うことはないですよ。
自分に合っているかどうかを色んな情報を知り、やってみたい!こんなことをやってみたい!との思いがすこしでも湧くようでしたら是非ともTRYしてください。

エアラインには色んな会社や職種がありますが、共通して求められる人物像があると思っています。

それは、、、「人に歓んででいただけることに歓びを感じ、遣り甲斐を感じることのできるマインドを持った方」

会社によって理念や具体的なポリシーには特徴がありますが、航空業界という業界に働くかたは職種共通して上記のマインドを持つ方が働いています。 
特にお客様と触れ合う第一線で働くCAには以下の要素が求められています。

1. コミュニケーション能力
2. シミュレーション能力
3. ストレス耐性

・コミュニケーション能力とはどんな業界でも社会人になる人物に求められるものの筆頭にきていますが、特にCAは「お客様の言わんとすることがきちんと理解でき、自分の言わんとすることがお客様や一緒に関わる仲間との間で正確に理解できる」ことで的確な対話が出来るかどうかが求められます。

・シミュレーション能力とは、先読みの力です。今これをすることでこの後がスムーズに運ぶとか、この先こんなことがあったらまず何をするといいのか等を考え、察知する力。そのためにしっかりと準備をしておくといった姿勢と視野の広さ・お節介さが働く方が適任ですね。

・ストレス耐性 これは、CAは常に見られている仕事(衆人環視)であり、気遣いを発することで快適性を心がける役割を持ちます。どんなお客様でもどんな事態でも自己パニックになることなく堂々と対応する気丈さが必要になります。

ちょっとしたことでクヨクヨするのではなく、物事を前向きにとらえる気持ちと困ったことがあったらすぐに先輩や回りに相談してマイナスな気持ちを引きずらず、一晩寝たらケロッとするくらいの楽天さが必要ですね。

さあ、あなたはどんな感じでしょうか?「自分ならここが行ける!」「ここが弱いな」と思うところがあったことと思います。採用時にはそこが完璧である必要はありません。その要素や資質が訓練や仕事をする上で身に付き成長できる伸びしろがあるかを見ています。大事なことは意識と心がけです。

さあ!自分の中の自信をみつけていってくださいね。