HOME > Q&Aコーナー1

Q&Aコーナー1

相談者さんからのご質問と、回答です。

Q:
私はこれまでに4回、CAの面接に行ったことがあるのですが、全て一次面接で残念な結果となります。
理由はいくらでもあると思いますが、やはり第一印象が悪いのが原因なのか、思います。

英語の面接の練習をどれだけしても、この印象で帰らされてしまうということは、CAまたはこの業界に向いてないのか。。と本気で悩んでおります。

「第一印象とは何か」を調べすぎて、 面接では空回り。自暴自棄になりそうです。
ただ、本気でCAになりたいです。こんな私にアドバイスをいただければ幸いです。

A:
相談者さんへ

こんにちは。
何度も一次試験(グループ面接)で落ち続けると確かにそのような気持ちになりますよね。
まず、一次面接とは何をみているかをよく認識して、その求められる人物像と自分はどのようにフィットしているかを客観的に知る必要があると思います。
CAの仕事はまずはお客様目線から見て、好印象にあるかどうかをみています。
いわゆる、第一印象という視点からの評価であることは確かです。
CAを目指したいとの強い思いは準備次第で絶対に実現できるものと思います。
頑張ってください。

何をどう見られ、留意していくのがいいのかのヒントになればと思い、一次面接で重視している
第一印象=ノンバーバルコミュニケ―ションの面接評価ポイントをお伝えします。

基本的なビジネスマナーの5原則というのが大まかにみるポイントです。
第一印象を調べすぎて空回りということのようですが、、、、ポイントはあっていましたでしょうか?

そのポイントは、、、、

1. まず、きちんとした身だしなみであるか。
 ☛これはきちんとしていることと思いますので改めて申す必要もないかと思いますが、例えばCAというとシニオンで前髪3:7分けのような専門雑誌のモデルパターンの方が多いですが、シニオンでなくても全く問題ありません。
ショート、ポニーテール、ハーフアップ等色々、、、、要はあなたに似合っている髪型か?
 ☛ナチュラルな清潔感のあるメイクアップ、スーツの手入れはきれいで靴はきれいに磨かれているか?等々を椅子に掛けた状態では膝頭の手入れ等も含めよく見えますので見ています。

2. 感じのいい挨拶
☛明るく、きちんと目を見て、人から言われるよりも先に挨拶をする気持ちのいい挨拶が出来ることで、コミュニケーション力を感じとります。周りに流された挨拶ではなかったでしょうか?または自分中心のペースで異様に目立つなどはなかったでしょうか?
挨拶一つに場の空気を読むとか、感じがいいかというのは感じられるものです。

3. いつも表情は穏やかで笑顔を忘れない
☛どんな状況でも笑顔でいられるような意識は持っていましたか?特に面接では自分が話している時よりも他の人が話している時の表情を見ています。
笑顔と真顔の差が見えたり、人の話の時は我関せずと無表情な表情ですともう関心はもたれません。
何故か? CAは常に見られている仕事だからです。
一次面接では特にお客様視点での見え方がどうかをみますので一瞬で感じる印象は重要な評価ポイントになります。

4. 態度・立居振舞は日頃からきちんとしているか
☛これは人前での態度、きちんとした配慮のある立居振舞をみられることはもちろんですが、態度には秩序とかモラルと言ったものも含まれます。
会場へ向かう途中や受付での言動、とくにトイレでの言動等は周りに色んな方がいることの配慮もなく自分たちの会話で場をわきまえずに話している状態をみると面接での印象がとてもよかったのに、こんな裏のある人なのかと一気に評価も変わってしまします。
一度、私が採用担当をしている時にトイレから出るタイミングに困ったことがありました。
聞こえてきた会話・・・「◯◯部屋の面接官、右側の男の人、いやな感じでさ、圧迫だったのよ。◯◯◯・・・ってきかれたんだけど、◯◯◯って答えておいたわ。」

時間と面接部屋、質問した内容等を確認したら誰かというのがすぐにわかりました。
面接ではいいと思ったんだけど、NGだな、、、、との結果となったことがありました。
CAとは限らず、こんな裏表のあるモラルのない人はどんな企業でも遠慮したいのではないでしょうか。
見られていないとの油断時に本性が出てしまいます。
モラルは普段からの心掛けが大切ですね。
ご質問者がどうのではなく、こんな角度からも見られている事例として参考にしてください。

5. 声に覇気があり、自分の言葉できちんとした敬語ではなすことができるか
☛ビジネスマナー5原則の最後が話し方に関わる言葉遣いです。
見られているポイントは
・きちんとした敬語が話されているか
・アイスブレーキングで気を許し、緊張感が薄れ友達言葉になってしまわないか
・最後まできちんとはなしているか
・質問に正面から答えているか
・長く話し過ぎないか
・丸暗記でスラスラ流れるように話したり、場慣れした感じが出ていると新鮮さや自然体を感じ取ることができず、残念な思いがします。
・要はきちんとした敬語をつかって、自分の言葉で自然体でその人らしい内容を話しているかをみたいのです。
立派なことを滔々と話されるとかえって引きます。
上手く話せなくても一生懸命、その人らしさが伝わるのがベストです。

何を話すかではなく、どんな風に話すのかを見るのが一次面接です。